大学進学時の教育資金(教育ローン・奨学金)

教育資金にも色々用途があると思いますが、やはり、一番費用が掛かるのは、大学進学時の教育資金ではないでしょうか。

通常、入学試験での合格が決まれば、指定期日内に、入学金と前期の授業料を一括して納めないと入学できません。

その際に、低利で資金の貸付を迅速に行ってくれるのは、日本政策金融公庫です。

2008年10月に、以前の国民生活金融公庫、農林漁業金融公庫、中小企業金融公庫、国際協力銀行の4つが解体・統合して、株式会社日本政策金融公庫になったものです。

教育資金の貸付は、日本政策金融公庫の生活事業部で年中受け付けています。納入期日に間に合うよう早目の融資を実行してくれますが、数週間は掛かりますので、入学が決定したらすぐに申し込んだほうがいいでしょう。

年収条件がありますので、あまり年収が高いと融資してもらえませんが、平均的な年収だと大丈夫と思われます。詳しい条件は、日本政策金融公庫のサイトをご覧下さい。

教育資金の融資はまず、日本政策金融公庫に申し込むのがセオリーですが、年収条件などでダメな場合は、銀行の教育ローンの申し込みとなります。

入学してからの教育資金は、独立法人学生支援機構(旧日本育英会)で奨学金を借りることができます。

第一種奨学金(無利息)と第二種奨学金(有利息)がありますので、通常は、両方に併願します。第一種は基準が厳しいからです。

奨学金は、親の名前ではなく、子供(学生)の名前で借り入れ、親は連帯保証人となります。

第一種は月額5万円前後、第二種は月額3万、5万、8万、10万、12万から選べます。

奨学金が月額10万必要な場合は、第一種5万円と、第二種10万円を申請し、運良く第一種が通過した場合は、第二種を5万円に減額すればいいのです。第二種では、後から減額などの変更ができます。

このように、日本の教育融資制度は充実していますので、貧しい家庭の師弟でも安心して大学に通うことができます。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42844425
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック