社会人でも使える教育ローン

教育ローンは、子供のためだけではありません。大人になってからでも使える教育ローンというのがあります。

例えば、キャリアアップ資格取得にも教育ローンは十分に活用できます。給料を増やし、長く働くには常に自分を磨きスキルアップをはからなければならない時代、社会人の教育費も考えなければなりません。

国民生活金融公庫は、職業能力開発校や専門学校の学費に教育ローンを利用できます。最大で200万円までの金額を教育ローンとして融資してもらえます。返済期間は10年で、金利は固定金利の社会人でも使える進学ローンです。

銀行などでも、国の教育ローンとほぼ同じような形で社会人でも使える進学ローンがあります。融資限度額は300万円としているところが多く、金利は年4%〜7%前後と少々高めですが、口座利用状況などに応じて金利の優遇があるところもあります。

ただし、どんな人でも利用できるというわけではありません。例えば、国民生活金融公庫は正社員で収入の安定している人が対象です。正社員でない人、例えばパートやアルバイトは国民生活金融公庫を利用できません。学生本人の申請も認められません。社会人が進学ローンを使いたいと思ったら、会社を辞める前に申し込んでおく必要があります。申し込みは、会社を辞めてからでは遅すぎます。
 
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13945152
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック