進学ローンの選び方

目的別ローンの一つである進学ローンには様々な種類があります。

まず、進学費用が足りない時に一番最初に考えるべきは奨学金です。無利子で借り入れが可能な奨学金は、他のローンと比べてかなりお得です。とはいえ奨学金を受けるには幾つかの条件を満たしている必要があります。学力や経済力などの条件が合わなければ、民間や国の進学ローンを使うことになります。

進学ローンはどのようにして選べばよいかという問題があります。進学ローンの選び方は民間も公的も金融機関は様々な特色があります。進学ローンを比較する時は、限度額や金利、借入期間、返済までの期間、審査のスピードなどがそれぞれの会社毎に異なっています。

進学ローンの申し込み方法は、直接金融機関に出向いて申し込む方法の他に、電話、FAX、インターネットでの申し込みを受け付けているところもあります。

どれだけ低金利で済ませることができるかに焦点を当てて進学ローンを選ぶ場合、金利が低い進学ローン国民生活金融公庫の教育ローンになります。民間金融機関の教育ローンと比べても金利は低く抑えられています。この他には、中央ろうきんが融資する教育ローンが比較的低金利です。変動金利で3〜5%で、最大額は500万円ほどです。

民間の教育ローンの金利は公的な教育ローンより高めですが、秋から春にかけてキャンペーンによって金利を安くすることもあるので、窓口に問い合わせてもいいでしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/13590924
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック