進学ローンの種類

教育ローンを考える時、公的と民間があることを考慮しましょう。

公的ローンは比較的低利で固定金利です。公的ローンよりは金利が高いのが民間ローンですが、その分融資額の上限や使い道の制限が公的ローンほど厳しくありませんし、所得制限も緩めです。

とはいえ、秋口から春にかけて、民間の教育ローンでは金利優遇キャンペーンなどが行われることがあります。この時に融資を受けると、金利がかなり低いことがあります。教育ローンの公的なものには、教育一般貸付というものがあります。これは国民生活金融公庫が融資しています。

教育一般貸付の他に、郵便局による郵便貸付や、年金福祉協会による年金教育貸付公的な教育ローンです。世帯年収などで制限があり、子供本人ではなく保護者に融資されます。

大学や大学院、短大にかかる費用に使えるだけでなく、高等学校、専修学校、予備校、特別支援学校の高等部、その他職業能力開発校などの教育施設の使用に認められています。

世帯年収により200万円までが融資されます。民間の進学ローンは労働金庫や銀行、JAなどで扱っています。民間ローンは限度額がおおよそ300万円以内であり、制限が緩く種類が豊富です。

金利も変動型や固定型があり、返済プランや担保の内容も商品によって様々です。銀行などの場合、進学ローンの金利を優遇する条件に総合口座の利用状況を含むところもあります。その他に、教育ローン以外のキャッシング利用状況などを確認して融資額を制限するなどもしています。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10747821
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック