進学費用とローンの役割

教育費の工面に教育ローンの利用は果たして必要でしょうか。子供が生まれた時からコツコツ貯めなければならない教育費。では一体どのくらいの額を貯めておけば、進学ローンなどを組まずに子供に満足な教育を与えることができるでしょうか。

子供1人に対して進学費用はどのくらい用意しておきたいと感じているか、というアンケートに対し、回答で一番多かったものは500万円前後というものでした。子供が大学に入る時には、大学卒業までにかかる学費・生活費の約半分が準備できていることが望ましい状態といえます。

教育費や大学生活にかかる費用はどの大学に行くかで大きく異なります。自宅から国立大学に通うパターンが一番費用が安くて約500万円。自宅外から私立大学に通うパターンでは、倍の1,000万円が4年間の費用としてかかります。

つまり、4年間にかかる費用の半分に当たる250万〜500万円を貯めておかなければなりません。何人も子供がいる場合なら、当然ながら子供1人1人に対してそれぞれ別個に教育資金が教育に必要になります。大学に入る前に必要な教育費は月々の収入でまかなえる範囲内であることが望ましく、教育費として貯めたお金は大学進学に使う形ができればいいでしょう。

大学に入るまでに必要な額を貯めるためには、小中高の時点で貯金を切り崩していては危険です。それでも私立や遠方の学校に通うことになったり、お金のかかる学習が必要になったりと不測の出費があってもおかしくありません。教育ローンを使う時があるとしたら、大学に入る前の段階で私立校への入学や越境入学で費用がかさむ場合や、何らかの理由で貯蓄が計画通りに進まなかった時でしょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10525172
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック