三菱東京UFJ銀行の教育ローン

子供に掛かる教育費は、すべて公立で済ませた場合はもう少し安く済むかもしれませんが、1人1,000万円と言われています。大学まで進学することを決めているのなら、できるだけ早いうちから資金を貯める必要があります。

家計をやりくりして教育費を捻出できればベストですが、限られた収入の中ではなかなかそうもいきません。
教育ローンに頼らざるをえない家庭がほとんどでしょうが、やはり最初は、奨学金公的な教育ローンを検討するのが妥当でしょう。


しかし、収入条件などで公的な教育ローン奨学金の申込みができない、また、それらの融資金額では足りないということでしたら、お使いのメインバンクの教育ローンを検討するのがいいかもしれません。

日本の3大メガバンクの1つ、三菱東京UFJ銀行の教育ローンを見てみましょう。

三菱東京UFJ銀行の教育ローンは無担保型ですので、一般のサラリーマンの頼りになるローンです。
しかも、幼稚園から使えますので、早いうちから教育資金を用意することもできます。
融資条件は次のようなものです。


・借入時の年齢が満20歳以上で、完済時の年齢が満70歳以下の方
三菱東京UFJ銀行所定の保証会社の保証を受けられる方
・勤続年数(自営の方は営業年数)1年以上の方
・前年度税込年収(個人事業主は申告所得)が200万円以上の方
・団体信用生命保険に加入できる方(保険料は銀行負担)

融資金額は1万円単位で、10万円から300万円以内です。
融資期間は、6ヶ月単位で1年以上10年以内です。
子供の在学中は金利のみを支払い、元金返済を据え置きすることもできます。
保証人は不要です。
返済方法は元利金等返済が基本ですが、サラリーマンの方はボーナス併用返済も可能です。
金利は、変動金利方式と固定金利方式から選択できます。


2007年12月中の借入分ですと、変動金利方式は4.875%、固定金利方式の金利は6.625%となっていますので、どちらが有利かご相談して十分に検討してください。


変動金利の金利は、毎年4月1日と10月1日の三菱東京UFJ銀行所定の短期プライムレートを基準として、年2回見直しを行っているようです。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10123229
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック