国の教育ローン

国民生活金融公庫が過去に実施した子供の教育費に関する調査によると、子供1人にかかる教育費は高校の3年で約350万円、また、大学に入る場合は、高校入学から大学卒業までに約1,040万円かかるという結果になっています。これは、公立の高校・大学での試算です。大学が私立大学であったり、下宿をするとなると、それ以上の経済的負担になります。

最近は少子化傾向とはいえ、子供1人にこれほどの教育費を家計から捻出するのは大変なことですね。そこで、教育費の助けとなるいろいろなローン制度の活用に検討の余地があります。

教育費の助けとなるものとしては、奨学金や学資保険、教育ローンなどがあります。中でも特に注目すべきなのは、「国の教育ローン」です。
国の教育ローン」では、国民生活金融公庫が扱う「教育一般貸付」が最もよく利用されています。


教育一般貸付の金利は平成19年12月12日の時点で年2.5%と非常に低金利です。
また、固定型金利ですので、返している途中で額が変わってしまう心配もなく、とても安心です。

国の教育ローン」の利用者は昭和54年の発足以来、現在までに延べ410万人を越えているということです。


融資されたお金は、子供の入学金・授業料はもちろん、下宿にかかる費用、通学にかかる交通費、教科書代など、学業にかかるさまざまな用途に使えます。

1年中いつでも申し込みができて、受験校の合格発表前に申し込んで、入学費用に備えることもできます。

教育一般貸付の申し込みは、国民生活金融公庫の各支店、または最寄りの金融機関(銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、JAバンク等)でできます。

国の教育ローン」についてのお問い合せは「教育ローンコールセンター」にお電話してください。

教育ローンコールセンター
 0570-008656(ナビダイヤル)
 受付時間:月曜日〜金曜日:9:00〜21:00、土曜日:9:00〜17:00
 ※日曜・祝日、年末年始(12月31日〜1月3日)は利用できません。

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10123214
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック