教育ローンと奨学金

教育費が一人1000万円と言われるこのご時世、親父の収入だけですべてが賄える家庭ばかりではないでしょう。特に、子供が私立の高校や大学を目指しているなら、巨額の入学金と授業料は大きな負担となります。

そういうとき、つまり、教育費を賄えない現実が見えてきたとき、思いつくのが、教育ローン奨学金


教育ローンは、ローンといえば聞こえはいいですが、要は借金です。では、奨学金はどうでしょうか?

なんとなく、奨学金、というとどこかの団体が学費を免除してくれる制度のようなイメージがありますが、実際のところはどうなんでしょう?

母子家庭だった私は、高校大学とも奨学金を受けていました。当時の日本育英会と、交通遺児育英会の2本立てだったので、かなりの額を借入しました。卒業後も最小金額を返済していたため、結婚してもまだ返済に追われていました。やはり、奨学金も借金のひとつです。親が借りて返済するのが教育ローン、子供が返済するのが奨学金ではないでしょうか。また、教育ローンは入学金に、奨学金は授業料や生活費に充当させることが多いのも特徴です。

奨学金を借りるのは本人で、親は、その連帯保証人になります。連帯保証人は本人とほぼ同等の返済義務を負わされますので、その点は、覚悟しないといけません。


一口に奨学金といっても、多種多様です。
公的なものから各自治体や民間企業が運営するもの、学校が独自に設けているものなど、実に3000以上の奨学金制度があると言われています。

最も利用されているのは、かつての日本育英会、現在の日本学生支援機構が取扱っている奨学金制度です。


無利息の第一種奨学金と、利息付の第二種奨学金の二つの制度があります。


どちらも経済的に困難である、ということが基準になってきますが、有利な第一種奨学金の方が学力に関する基準が高くなっています。第一種奨学金に申し込んで、ダメなら第二種奨学金を適用という申し込み方もできるようです。

私学などでは、学費を免除してくれるような奨学金もあります。学費免除の奨学金制度ですね。これは、その学校が欲しい優秀な学生に入学してもらうためです。


私立の学校などでは、こうした学費免除の奨学金制度を設けていることが多いですので、事前に調べておくと利用できる場合があります。


また、相当額の学費を一部、場合によってはすべて免除してくれるわけですから、それに見合った実績がなければいけません。
それも受験シーズンに入ってからの成績結果だけではなく、少なくとも高校3年間優秀な成績を修め続けていなければなりません。
一朝一夕の努力で学費免除は、やはり甘い考えのようです。

奨学金は、教育ローンより金利が低めに設定されている有利な制度ですから、教育ローンを検討する前に、まず調べておいたほうがいい制度です。


特に日本学生支援機構が取扱っている奨学金は、多くの学生が利用しており、利用も比較的容易ですので、まずは、この奨学金から検討しましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/10123199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック